副作用で脱毛症に

| 未分類 |

脱毛症は抗がん剤などの薬によってもなります。もちろん、全員が脱毛症になることではありませんし、薬の強さなどにもよります。副作用によって、脱毛症となる場合は一気に髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。髪の毛を掴むだけで抜けるということは言われておりますが、薬の副作用による場合は、薬を服用する期間が終わりますと、また髪の毛が生えてくることが多いと思いますので、髪の毛の専門クリニックなどでの治療は必要ないことも多いです。

やはり、その間は髪の毛を見せたくはならないと思いますので、帽子をかぶったりしていることが多いようです。やはり、髪が突然抜けてしまいますと、不安にもなりますし、突然脱毛症になることに抵抗があるということも理解できます。
もちろん、薬をずっと飲み続けなければならないこともありますので、脱毛症が必ず治るということも言えませんが、通常の脱毛症に比べますと、再び髪の毛が生えてくる可能性は高いと言えます。

薬はいろんな副作用が伴う場合がありますが、本来の病気を治癒させるためには必要なものでありますので、どうしても欠かすことのできないものであると考えていただきたいと思います。ただ、脱毛症になった場合は、精神的にも辛い部分ではあるかもしれません。治療中は髪の毛だけでなく、全身の毛が抜けてしまいますが、病気を治すことだけをまずは考えてほしいですし、家族や周囲も正しく理解してあげて欲しいと思います。